蒼風スカウト手帳

蒼風さんの選手寸評纏め

D.J.ジョンソン 投手(右投) 2020年広島東洋カープ新外国人

パワプロ査定

球速 154km/h

コントロール D

スタミナ E

変化球 ドロップカーブ4 カットボール2

特殊能力 ノビC 緩急○

 

寸評

 広島が獲得した中継ぎ右腕で、昨年MLBでもそこそこ投げているけど防御率はそこまで……というピッチャー。ただ、本拠地が超打高と考えると5点台という数字もそこまで悪くないものに見えます。元ヤクルト・オンドルセクも前年の防御率は5点台ですが、日本では数字が出ているので気にすることはなさそう。

 肝心のピッチングですが、八割がたがフォーシームとドロップカーブ(パワーカーブ?)というピッチャーですね。最近だとオリックスのウエスとか、来日直後の楽天・ブセニッツや、阪神・ジョンソンにも似たようなタイプ。流行りですかね、最近の。広島に限って考えれば左右は違いますがレグナルトが近いタイプでしょうか。

 フォーシーム、カーブ共に質が良く、どちらも空振りが取れる球です。フォーシームの球速もそこそこ出ており、制球良い具合にアバウトです。後はカットボールもちょいちょい投げるみたいなのですが、これをもう少し増やした方が良いかもしれないですね。ブセニッツカットを磨きなおしたら数字が出るようになったのでそれと同じようなイメージで、カットも交えながらカーブとフォーシームで空振りを取るという形にするといいのではないかと思います。アジャスト面など細かな心配はありますが、基本的には複数年数字の出そうな良いピッチャーだと思います。

 

予想成績

45試合 2点台

 

 外国人枠や、本人のアジャスト次第という感じにはなりますが、基本的には使えば成績は出てくると思います。最初は控えに回る事もあると思いますが、最終的には勝ち継投で投げていてもまったくおかしくないスペックの持ち主です。

 

動画

www.youtube.com

 

ニュース

www.baseballchannel.jp

full-count.jp

森敬斗 内野手 横浜DeNAベイスターズドラフト1位

パワプロ査定

入団時

弾道 2

ミート E

パワー E

走力 B

肩力 C

守備 遊撃E 三塁F 右翼F 

捕球 E

特殊能力 送球E 流し打ち

 

完成形

弾道 3

ミート B

パワー B

走力 B

肩力 B

守備 遊撃C 三塁D 右翼D

特殊能力 プルヒッター 流し打ち

 

寸評

 横浜DeNAベイスターズがドラフト1位指名した、三拍子そろう遊撃手。

 横浜は遊撃手(というか内野手)の後釜育成が急務ということで、一位指名での獲得に踏み切ったと思われる選手。今年の高卒遊撃手の中ではNo.1という声もあります。

 打撃を見てまず最初に目につくのはそのバット凄く綺麗な軌道を描くんですよね。きちんと振り切って、逆の手(森の場合は左手)で押し込むという事が出来ているんですよね。それだけでもう評価が高い感じ。高校での通算本塁打数を売りにするようなスラッガーではなく、どちらかと言えばアベレージヒッターで、リードオフマンタイプという感じではありますが、この振り切る打撃は「率の出る中距離砲」という感じ。個人的に真っ先に思い出したのは森友哉。次に思い出したのが吉田正尚。あのあたりの「フルスイングしながら率が残る」という打撃に近い物を感じました。ただ、まだちょっと当てる方に意識があるのかなぁという感じもします。今後成長して逆方向に引っ張るという打撃が出来るようになれば3割を大きく超え、20本塁打以上が狙えるようになりそうな気がします。

 守備の足さばきは良いですね。ただ、捕球、それから取ってからの送球がちょっと荒いというかもたつく感じはあります。この辺りは練習でしょうか。初めはプロの速度に慣れるところからかもしれませんが、動き自体は遊撃手向きなので、コンバートせず、「打てて守れる遊撃手」になるのではないかと思います。

 

予想成績

.201 5本(二軍)

 

二軍でみっちり使われることになるとは思うのですが、正直読めないですね……普通に率も伴ってくるような気もしますし、当たれば飛ぶ(当たらない)で終わるような気もします。ただ、ホームランはそこそこ出るのではないかなぁという気はします。後、シーズン後半に成績を上げてきそうな予感。

 

動画

www.dailymotion.com

 

太田龍 投手(右投) 2019年読売ジャイアンツドラフト2位

パワプロ査定

球速 153km/h

コントロール D

スタミナ D

変化球 ツーシーム スライダー3 カーブ1

特殊能力 キレ○

寸評

 読売ジャイアンツからドラフト2位で指名された社会人右腕。一位の堀田は大分剛腕というか速球派でしたが、こちらはもうちょっと技巧派寄り

 ストレートの球速はまあまあ出るという感じ。最速は150km/hを超えますが、大体140台にアベレージがある様子。質が悪いという感じでも無く、190cmと高さもあるので、それだけでもストロングポイントになりそうな気配ですね。

 変化球はいくつか投げるみたい。勝手にフォークだと思ってたのは多分スライダーですね。140km/h前半くらいのツーシームと、130km/h付近のスライダーが結構キレのあるいい球。カーブは余り投げている感じではありませんが、それで緩急を付けられれば先発でも十分じゃないでしょうか。

 制球はまちまち。決して壊滅的という感じではありませんが、売りに出来るほどではありません。ただ、変化球の高さだけは結構正確で、そこは良いですね。

 全体的には纏まりのいいハイスペックな右腕という感じ。投球を見ていると現横浜DeNAの大貫を思い出しますね。あれよりも高さがあるかな?先発中継ぎどちらでもそれなりの数字は残してくれそうな予感がします。

 

予想成績

30試合 防御率3点台後半

 

 イメージとしては先発と中継ぎをそれなりにいったりきたりという感じ。どちらも手薄なチーム事情があるので、案外どちらかにすっぽりとハマるかもしれません。

 

動画

www.dailymotion.com

 

佐々木朗希 投手(右投) 2019年ドラフト候補

パワプロ査定◇

球速 160km/h

コントロール E

スタミナ D

変化球 スライダー2 フォーク2

特殊能力 ノビB シュート回転

 

◇寸評◇

 160km/hオーバーで注目を浴びた大船渡のエース。

 速球は163km/hと言われていますが、実際に公式大会で計測したのは160km/hまで。

 それでも速いことには変わりはないのですが、一試合の中でも球速、質ともにかなり上下しているため、安定感はあまりない感じ。地方の予選では力を抜いていたという可能性もありますが。

 質自体はかなりのものですね。プロでも上位という感じのノビのある速球。ただこれもシュートしたりしなかったりで安定感はないです。開きを我慢できるといい球がいくのかと思われます。

 制球まずまず。奥川よりは一枚落ちますが、そこまで破綻していないのが好印象。ちょくちょく危ない所に球が行くのは気になりますが、ノーコンという感じではありません

 スタミナ不明。一応100球を遥かに超えて完投していますが、地方でしかも高校生相手だから、プロだとどうなるか。スタミナそのものはあると見ていいのでしょうか。

 変化球スライダーとフォーク。どちらも悪い球ではないですが、どちらかというとスライダーの方が緩急がきいて良い感じかなというイメージ。この辺りはもう少し磨いていく必要ありという感じでしょうか。

 全体的には速球がウリの素材型という感じ。体の線も細いですし、現状でもいい球は投げますが、まだまだ伸びしろを大きく残しているような感じがあります。フォームを含めて、上手く育成できる球団でないと中途半端な速球投手になりそうな危険も感じる投手です。

 

◇動画◇

www.youtube.com

奥川恭伸 投手(右投) 2019年ドラフト候補

パワプロ査定◇

球速 158km/h

コントロール D

スタミナ D

変化球 スライダー3 フォーク2 チェンジアップ2

特殊能力 ノビC

 

◇寸評◇

 ドラフト一位候補の一人。星稜のエース。

 コントロールまずまず良い感じで、逆球など、明らかな投げミスは少ないです。もしかしたらC位上げてもいいかなと思うくらい。

 スタミナはだいたい80球あたりを目途に少しづつ内容が悪くなってくる気配なので、恐らくDC位。完投完封はしているので、スタミナ自体はあるとは思うのですが、実戦レベルとして見るとその辺りになってくるのかなという感じ。

 変化球スライダーが主で、そこにフォークやチェンジアップが混ざるという感じ。どれもストレートほどの制球は無いですが、いい球です。余り使用頻度は高くないですが、フォークが上手く決まった時が一番いい感じなので、最終的にはこちらが決め球になるかもしれません。

 後はストレートの質。甲子園だと間があかずに投げていることも多いのでなかなか判断も難しいのですが、基本的には良いと思われます。空振りの取れる、しかも球速のあるまっすぐを投げます。

 総合的にはかなり綺麗にまとまった好投手という感じでしょうか。フォームも時折指摘されますが、個人的には凄く綺麗なフォームだと思います。このまま体が出来て行けばエースピッチャーになれる。そんな投手。

 

◇動画◇

www.youtube.com

www.youtube.com

東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズin戸田球場(2019.03.17)

 今日は先日戸田球場で行われたヤクルト対横浜の二軍戦について簡単に。

 二軍戦自体は何度か行ったことがあるのですが、戸田に行くのは初めて。場所的にロッテの二軍本拠地である浦和球場から、そう遠くない場所(歩くとちょっと距離は有りますが)にあります。最寄りは北戸田駅か、武蔵浦和駅埼京線です。どっちからも距離があり、駅からバスを使っていく感じになります。その辺りのアクセスはヤクルト公式を見ると分かりやすいかな。

 

www.yakult-swallows.co.jp

 

 で、電車に揺られて、バスにも揺られて行ってきました。

 

f:id:soufubaseball:20190320222828j:plain

 河川敷にあります。ちなみにこの戸田球場。写真からも分かると思いますが、外から試合の様子が見られます。従って、有料席が無くても、堤防のあたりにシートを引いて、そこから見る、ということも可能だったりします。今回は折角だからという事で、バックネット裏の一番いい席にしました。

f:id:soufubaseball:20190320223022j:plain

 この階段を上がった先にあります。バックネット裏なので、一軍戦だとかなりする位置。

f:id:soufubaseball:20190320223023j:plain

 ファールボールに関しての注意喚起は常時流れていますが、客席には入ってこないように金網が付けてあるので、基本的には堤防の方で見ている人向きの注意喚起でしょうか。後は写真の通路付近は打球によっては入ってくるかもって感じ。

f:id:soufubaseball:20190320223026j:plain

 このようなシートも。先の方にはブルペンシートもあります。ちなみにビジター側は無くなったらしい。そっちがあったらそこからみたかったなぁ……

f:id:soufubaseball:20190320223250j:plain

f:id:soufubaseball:20190320223253j:plain

 席からの風景はこんな感じ。本当にプレイが良く見える位置でした。金網があるので写真はちょっと撮りづらいですが。

f:id:soufubaseball:20190320223343j:plain

f:id:soufubaseball:20190320223346j:plain

 試合のスタメンと結果はこんな感じ。詳しい結果はまだ更新されてませんでした。NPBの公式なら見られるんだろうか。

 こんな感じで戸田球場に行ってきましたという感じ。球場としての整備感はやっぱり鎌ケ谷やジャイアンツ球場には劣りますが、近くで見られるという利点はあるような気がしました。そろそろベイスターズ球場とかにも行ってみたいですね。